mskeria107の日記

アフリカ・南米・中東で活動する国際協力師。仕事の話、キャリアの話、雑多な話など。

国際協力をやる意味。業界に身をおいて感じること。

 私が国際協力を新卒キャリアに選んだ理由の1つに「国際協力に関わる人たちは何を考えているんだろう」と興味を持ったことがあります。

 「利益を上げ、企業価値を高める」というビジネスの前提が必ずしも当てはまらない国際協力の現場では、人々は何を目指すのか、また働くモチベーションだったり、裨益者の感じていることなど、全く馴染みのない業界だからこそちょっと覗いてみたい、そんな好奇心がありました。

 その中でも、今回は、国際協力ってこんな意味があるんだと、実際に携わってきて感じたことを書きたいと思います。特に私の場合、大学では商学部経営学専攻で業界でも結構レアな人種、またもともと世界平和を声高に掲げて国際協力や開発援助の必要性を訴えるような人間でもないので、フラットな目線で感じることを伝えられるかなと思います。 

 結論として言いたいことは、「日本にも多くの課題があるのに外国に援助なんてしている場合じゃない」ということも言われますが、いやいや、やっぱり国際協力は必要なんだ!ということです。

困っている人達に手を差し伸べること

 これが国際協力を行う1丁目1番地だと思います。

 例えば、世銀が定める貧困ライン(1日1.90ドル以下)に基づけば、貧困はかなり減ってきているものの、まだまだ世界の10%の人たちは貧困に苦しんでいます。

世界銀行は、2015年10月、国際貧困ラインを2011年の購買力平価(PPP)に基づき、1日1.90ドルと設定しています。
(2015年10月以前は、1日1.25ドル)

世界の貧困率および貧困層の数
貧困率 1990年:36% 2015年:10%
貧困層の数 1990年:18億9500万人 2015年:7億3600万人
(*2011年の購買力平価に基づき、国際貧困ラインを1日1.90ドルで計算)

出所:Regional aggregation using 2011 PPP and $1.9/day poverty line

 また、「貧困」という視点以外でも、児童労働、ジェンダー差別、難民、犯罪、汚職、衛生、環境問題、など、世界は多くの問題で溢れており、そこには多くの困っている人達がいることを、身をもって感じます。

 こういった問題をその国の政府が解決できると良いのですが、資金や能力/経験の不足、また意識の違い(外国から見ると異常な事態も必ずしもそう認識しない)などから、やはり先進国が協力する必要があります。

 自分の目でそういった人たちを見てきて、他人事だから我関せずという考え方はどうしても持てませんでした。困っている人があれば助けてあげたい、これは相手がどこの国の人であっても同じだと思います。

他人事じゃない問題

 グローバル化は経済だけでなく、開発課題にも広がっており、他国での問題が日本に与える影響というのも多く存在します。

 例えば環境問題。地球温暖化によって世界各地で異常気象が起こっており、日本でも酷暑や台風などの被害が拡大しています。これは1つの国がどれだけ頑張っても効果は薄く、温室効果ガスを多く排出する国を技術や資金力のある国が支えていかないと共倒れしてしまいます。

 またテロの問題。先進諸国がテロの標的とされ多くの犠牲者が出ていますが、テロリストを取り締まるだけでなく、今後生み出さないための取組みが必要です。テロに加担する人の多くは、職を持てず生活に困窮して自国政府や欧米諸国に不満を持つ若者達で、またテロの温床は紛争や内乱などでガバナンスが機能しない国々です。そういった国や人々を支えることは、同時に先進国にとってのテロリスクを減らすことに繋がるのです。

 自国のことだけ考えていてはサバイブできない時代に入っています。どこかで問題があれば全員で解決していく、そういった姿勢が求められています。

世界平和、相互理解

 そしてこれは国際協力に携わって最も痛感することですが、違う国の人同士が手を携えることは、相互理解を生んで、国家間の争いや戦争を生むリスクを減らし、世界を平和にする土壌を養っていくことに繋がります。

 日本人から支援を受けて、日本人や日本という国が大好きになったという人にこれまで多く出会いました。そういった人たちは、日本人は真面目で勤勉、温和という印象を抱き、日本を単なるアジアの一国としてではなく、そのユニークさをしっかり理解してもらっています。

 その逆も然りで、国際協力に携わる日本人も、自身が情熱をかけて仕事をした地域や国、人々に対して、(多くの苦労はありながらも)愛着を抱いています。私もこれまでアフリカ、南米、中東で国際協力に取り組んできましたが、そういった国々と日本は友好関係を保ち続けて欲しいと強く願っています。

 過去の植民地政策やブロック経済などを通じた諸外国との関わり方は、第2次世界大戦を経て、徐々に国際協力や政府開発援助といった関わりにシフトしてきました。今後はビジネスや観光、文化・学術交流など、さらに相互主義を生む結びつきが強くなっていくでしょう。

 外国で何かあったときに、自分事として感じ手を差し伸べること、また寛容さを持って相手を許してあげること、そういった国と国、人と人との関係を築くにあたって、国際協力は大きな役割を果たしています。

 

 また最後に、最近の政府開発援助(ODA)では日本企業への裨益が強く打ち出されているので、参考までに紹介したいと思います。

日本企業への裨益

 日本の国内市場は縮小を続け、海外マーケットを見据えないと経済成長は難しくなっている一方で、東南アジアや南アジアの国々は経済成長が著しく、また日本から地理的に近いこともあって多くの日本企業が進出する地域となっています。しかしながら、そういった国々では、教育の問題で労働者の生産性が低かったり、医療レベルが不十分だったり、金融システムや法律が整備されていない、道路・港・電気がないといった、日本企業が現地でビジネスを行う上での課題が多くあります。そういった課題を解決することも国際協力の役割となっています。

 

 以上、私が感じる国際協力の意味について書いてみました。どのような関わり方でも良いので、多くの人に国際協力に接してもらいたいなと考えています。

英語学習に役立つ動画集

  英語をインターネットで学べる良い時代になりました。また、勉強のためじゃなくても、英語で話されるコンテンツには純粋に面白いものがいっぱいあります。本エントリーでは、動画を使って英語を勉強したいけど、なかなか自分に合った動画が見つからない人向けに、内容も面白くて役に立つ動画を幾つかご紹介したいと思います。 

動画を使った英語の勉強方法

(1)英語のレベルを選ぶ

 自分に合ったレベルの動画を選びましょう。慣れてきたら少しずつ難易度を上げていきます。大体の目安として以下をイメージしておくと良いでしょう。

【レベル1】英語学習者向けコンテンツ系

【レベル2】講演・スピーチ系

【レベル3】ニュース系

【レベル4】教材系(大学講義など)

【レベル5】娯楽系(ドラマなど)

(2)スクリプトを確認する

 動画で勉強するときは必ずスクリプトを確認できるものを選びます。何回か聞いても言っていることが分からないときは、都度スクリプトに立ち返るようにしましょう。特に最近ではYoutubeでも字幕機能がついているものが多いので、このハードルは低くなってきました。

(3)繰り返し見る

 スクリプトなしでも内容を聞き取れるようになるまで、何度も繰り返して同じ動画を見るように努めましょう。それによって、音と英文がリンクするようになります。繰り返し見るためのコツは短いコンテンツを選ぶことです。映画を見る場合でも、チャプターを細かく区切って見るなど工夫しましょう。 

 上を踏まえて、レベル別の動画をいくつか紹介します。内容が面白くてコンテンツも豊富なものを取り上げてみましたので、ぜひ見てみてください。

【レベル1】英語学習者向けコンテンツ系

① English with Lucy

 特にイギリス英語に関して、文法や発音、表現など様々なコンテンツがあります。英語は比較的ゆっくり・ハッキリ発音され、リスニングが苦手な人にも聞き取りやすい動画です。

www.youtube.com

② Speak English With Vanessa

 こちらはアメリカ英語学習者向けのコンテンツです。①と同様ゆっくり話してくれているので、初学者も安心して英語で英語を学べる内容になっています。

www.youtube.com

【レベル2】講演・スピーチ系

③ TED

 英語学習のためにTEDにお世話になっている人は多くいるんじゃないかと思います。各界の第一線で活躍する方達の面白いスピーチを聞くことができ、純粋に面白いです。ただ、スピーカーの出身国によって英語に多少の癖がありますので、最初のうちは馴染みあるアメリカ英語などを選ぶと良いでしょう。

 私は、人気のトーク25選が纏められたページを繰り返し繰り返し聞いていました。

www.ted.com

④ TED Ed

 また関連してTED Edという教育コンテンツも充実しています。様々なテーマについて、子供にも分かり易く、かつ5分前後で解説してくれていますので、ちょっとした隙間時間に視聴することも十分可能です。

ed.ted.com

【レベル3】ニュース系

⑤ CNN 10

 以前は「CNN Student News」という名前でしたが、「CNN 10」に変わったようです(動画の長さ10分間にちなんで?)ただ、コンセプト自体は変わらず、陽気なおじさんが学校の生徒向けにアメリカのニュースを分かり易く伝えるというもので、ニュース系コンテンツの中では最も取っつきやすいものの1つだと思います。スクリプトも全文確認できます。

edition.cnn.com

⑥ Al Jazeera English(アルジャジーラ

 日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、カタールにあるアラブ系のメディアです。BBCやCNNのチャンネルを見るには有料会員になる必要がありますが、アルジャジーラであれば無料でLive放送を見ることができます。欧米目線からの報道とも異なりますので、バランス良く国際情勢を理解する上でも勉強になるかと思います。英語も綺麗!

www.youtube.com

※おまけ BBC Radio

 上述の通り、BBCチャンネルは有料会員でないと視聴できませんが、BBCラジオのLiveは以下から聞くことができます。こちらスクリプトはありませんが、聞き流し程度であれば有用かと思います。

www.bbc.co.uk

【レベル4】教材系(大学講義など)

⑦Khan Academy

 世界中に教育を無償で提供することを目的としている非営利団体のサービスです。経済や歴史、数学、サイエンス、コンピューティングなど様々な講義を英語で聞くことができます。

www.khanacademy.org

 ちなみに私は、PixerとKhan Academyがコラボしたコンテンツをよく見ていました。Pixerで働く人たちがキャラクターやストーリー設定、ビジュアリゼーションなどをどのように考えて作品を作っているのか紹介されており、素人ながら非常に面白かったです。

Pixar in a Box | Partner content | Khan Academy

⑧Harvard Business School Working Knowledge

 ハーバードビジネススクールが提供する(動画ではないのですが)Podcastです。グローバルで有名な企業の経営戦略などについて、毎回特定の企業(ウォルマートNetflix楽天など)を取り上げて、その研究をしている教授をゲストに対談が行われます。スクリプトも確認できますので、特にMBAやビジネスに興味ある人にオススメのコンテンツになっています。

hbswk.hbs.edu

【レベル5】娯楽系(ドラマなど) 

⑨ フレンズ

 やはり定番はアメリカのドラマ「フレンズ」でしょう。日常が舞台になっていますので、専門用語はほとんどない一方で、ネイティブが日常的に使う言い回しなど勉強できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フレンズ シーズン 1-10 コンプリートブルーレイBOX(並行輸入品)全巻
価格:11980円(税込、送料無料) (2018/10/27時点)

楽天で購入

 最近はNetflixなどオンデマンドタイプの動画サービスが充実してきましたので、ドラマや映画を通じて英語を学びたいという人も増えているかと思います。 一方、上述の通り、動画学習は繰り返し見ることが大事なので、2時間の長編を見るよりも細切れに何度も見ることをオススメします。

 

 以上、英語学習に役立つ動画を紹介しました。 純粋に面白い内容のものが多いですので、気楽に楽しみながらぜひ勉強していってください。

国際協力を仕事にするために身につけておきたい7つのこと(勉強編)

 将来的に国際協力に関わりたい!という人は意外と多いんじゃないでしょうか。これまで以上にテレビや観光等を通じて外国の人々や生活を知る機会が増え、また長期的なキャリアとして一度は海外で仕事してみたい、という人も多いかと思います。

 実際にこれまでの国際協力と言えば政府やNGOが主なプレーヤーでしたが、今では民間企業や個人が主体となりつつあり、どのような立場であってもそのチャンスがあります。

 そこで本エントリーでは、国際協力を仕事にするために身につけておきたい7つのこと(勉強編)について紹介したいと思います。私も国際協力を仕事として早7年が経ちますが、以下に挙げる視点は、各国や地域で起こっている問題の背景だったり、解決のための手段を理解する上でいずれも重要なものです。まずは、その分野の有識者が言っていることを理解する、様々な意見・見解を比較する、その国や地域の現状を認識する、といったレベルを目指して、将来的には自分なりに分析して独自のアウトプットを出せるまで専門性を高められると良いでしょう。

 あわせて、各テーマの勉強に役立つ入門書なども紹介していますので、それらを通じて基本を身につけたあとは、実際のレポートなどを読んで分からないことを都度調べてみてください。

英語+α

 英語は言わずもがなですね。英語のレポートを読んだり、英語で打ち合わせをしたり、と英語は必要な言語ですので、コツコツ地道に勉強するのが大切です。また、英語に加えてもう1言語以上わかると、出来ることが一気に広がります。途上国の政府や企業相手で英語が通じないことはままありますし、地域住民や村人など裨益者と対話をするならその国の言語が分かると一気に距離が近くなります。特にすでにフォーカスしたい地域が決まっている人(西アフリカならフランス語、中南米ならスペイン語、ブラジルならポルトガル語、その国の現地語など)は、ぜひ英語+αを意識してみてください。

 スマートな語学勉強法について、以下エントリーを書いていますので、こちらも参考にしてください。

mskeria107.hatenablog.com

マクロ経済学

 日本で生活しているとなかなか実感が湧かないかもしれませんが、途上国の経済は非常に脆弱で、アメリカや最近では中国といった先進国の影響を強く受けています。金利だったり、インフレだったり、為替だったりが、その国の企業活動や消費活動、労働市場などに多くの影響を与えています。また、GDP成長率や産業構造、国際収支なども国の経済状況・今後の課題を知る上で非常に重要です。

 例えば、農業を営むある村の人々が、ここ数年は収入が低くなり生計維持が難しくなったと困っているとき、あなたは何が原因だと思うでしょうか。生産効率が悪いとか、パッケージが魅力的でないとか、流通の改善が必要とか、経営的な視点での問題発見・問題解決が思いつくかもしれません。これをマクロ経済学的に考えてみると、国全体が不況にあり消費活動が停滞している、通貨安で安価な外国競合品が流入している、産業が農業含む1次産業から3次産業に移っていて労働人口の確保が難しい、といった大局的な視点で物事を考えられるようになります。マクロとミクロ、両方の視点が必要なのですが、普段の生活からはイメージしづらいマクロの視点を意識して勉強するようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンキュー経済学(2(マクロ編))第3版 [ N.グレゴリ・マンキュー ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/10/20時点)

楽天で購入

政治

 国際協力のトレンドとして、政府ODAから民間企業の資金動員へとトレンドは移行しつつありますが、まだ政府は主要なプレーヤーとして機能しています。また、途上国では概して政治の力が非常に強く(かつ未熟でもあるのですが...)、その政策運営が人々の生活に大きな影響を与えます。(特に選挙で政権交代があった時などは、これまで前の政府と積み上げてきたものが一気に水の泡になることもこの業界ではしばしば…。)そこで、政治や政府がどういった機能を持っているのか、意思決定システムや財政の仕組みなど、よく分からない人はざっと基本を押さえておいた方が良いでしょう。大統領や首相の位置づけ、議会や司法の仕組み、選挙の仕組みなど、国ごとに少しずつ異なっているので、まずは日本の仕組みについて理解してみてください。それをベースにして、自分が関心のある国はどうなっているんだろう?と比較してみると違いが良く分かります。

歴史・宗教

 ざっくりとでも世界の流れを押さえておけば、その国や地域の文化や民族のルーツがわかります。また、現代に繋がる国と国の関係(仲が良かったり悪かったり)や、その国・地域が抱えている問題(教育レベルが低い、産業が成り立たない等)についても、歴史的な文脈で理解できることが多くあります。特に宗教は多くの国で戦争を引き起こしてきました。2011年から続くシリア内戦は、もとは「アラブの春」と言われる軍事政権に対する民主化運動なのですが、戦争長期化の結果、イスラムシーア派スンニ派の対立、歴史的に関係を持つ米ロ、そしてサウジ、トルコの介入による代理戦争の様相、加えてイスラム国の台頭など、様々な歴史的コンテクストで紐解くことができる戦争です。

 今後、興味ある地域が出てきたり、仕事上関わりを深めていく国などが決まれば、その歴史を重点的に勉強するのが良いでしょう。まずは、網羅的に書かれた教科書を1冊読んで概観を掴んでみることをオススメします。

ファイナンス・数字

 数字へのアレルギーがあれば早めに取り除きましょう。といっても、難しい数学的知識は必要ありません。

 例えばアジアの2030年までのインフラ需要は22.6兆ドルと言われていますが、この資金をどうやって確保するか。主には外国からの融資や出資を通じてとなります(一部グラントもあり)。JICAや世界銀行といったバイドナー・マルチドナーは、ソブリンファイナンス(途上国政府向けの融資)やノンソブリンファイナンス(企業への融資・出資)を多く手がけ、また商社や銀行、メーカーなどは、そういった援助機関と協調して融資や出資を行ったり、また逆にノンソブリンファイナンスを受ける立場にあります。各機関内の部署によって必要となる専門レベルは異なりますが、基本的な出資・融資に関わるリテラシーは不可欠です。

 また、必ずしもファイナンス面からの協力でなく、技術協力をメインに考えたい人(例えば、途上国で農業を教えたい、保健・医療を向上させたいなど)も数字の感覚は必要です。「教育」に関わりたい人なら、ざっと思いつくだけでも以下の数字はおさえて、加えてその数字が「高い」か「低い」か感覚を持っておくことが大切です。

/就学人口/先生あたり生徒数/教室あたり生徒数/女子就学率/識字率/初・中・高等教育への進学率/就学率と就職率の関係/それらの経年的変化/など。

修士号、博士号

 何か特定のフィールドで自分の専門性を高めていくことも重要です。経済学でも良いですし、ファイナンスや農業、都市開発、保健、防災、様々な分野があります。語学向上や人脈形成、先端の知識・研究の理解にも通じますので、今すぐにではなくても一度考えてみることをオススメします。特に国際機関に努めたいという人は、その要件として修士号以上が定められていることがほとんどです。

IT、コンピュータサイエンス

 すでに多くの企業で注目されていますが、国際協力業界でも多少の遅れはありつつも近年注目されている分野です。特に専門人材が不足している分野ですので、他者との差別化を図る上でも役に立つでしょう。

 私も勉強が必要な立場なので、オススメの書籍等あればぜひ紹介してもらいたいのですが、世界銀行ブロックチェーンの研究を行っています。以下は世銀の債権発行に活用された事例ですが、記事引用の通り、この分野への世銀の関心の高さが伺えます。

www.worldbank.org

世界銀行は2017年6月、ブロックチェーンイノベーション・ラボを設立し、ブロックチェーンをはじめとする革新的技術が、土地管理、サプライチェーン管理、保健、教育、クロスボーダー決済、温室効果ガス排出権取引といった分野に及ぼす影響についての研究を進めている。

 

 国際協力というと、開発経済学とか政治学といった分野が必要(それをやっておけば十分)と思いがちですが、「その国を創る」ことに貢献できる分野であれば(つまりどんな分野・専攻であれ)問題ありません。実際のところ、私の同僚にも海外旅行にもこれまで行ったことなく、初めて国際協力に触れるという人が少なからずいました。

 上記で挙げた点を押さえながら、1つ以上の自分の得意分野やフィールドを見つけて深めていけると良いでしょう。