mskeria107の日記

アフリカ・南米・中東で活動する国際協力師。仕事の話、キャリアの話、雑多な話など。

【書評】一九八四年(ジョージ・オーウェル)

 ツイッターで関連ネタを目にすることもあり、読んでみようと思った本。「ビッグ・ブラザーは見ている」という文言を聞いたことがある人も少なからずいるかと思います。政府が国民を監視し統制して、反乱分子を処刑する全体主義国家を描いた作品です。(ちなみに、訳者あとがきによると、イギリスでの「読んだふり本」第一位にも掲げられる本のようで、教養人っぽく見られる本の定番でもあるようです。)

↓↓ ビッグ・ブラザー

f:id:mskeria107:20190112181442j:plain

 舞台は1984年ですが、刊行は1949年。当時の社会背景は、第二次世界大戦が終わって冷戦が本格化する頃、ドイツ・イタリアなどの全体主義、欧米の西側資本主義、中露など東側社会主義など、色々な政治思想・体制が台頭して覇権争いをしていた時代です。なかなか自国以外の政治体制下の国の様子を窺い知るのは難しいですが、もし全体主義が覇権を手中に納めていたら、こういう国家になったのかなという1つのイメージを与えてくれる作品でした。

 ジョージ・オーウェルはまさに設定厨とも言える人物で、作中で様々な概念を作り上げ、それらを見事に統合させて1つの国家観を形成しています。世界の構図、身分格差の特徴、党のスローガンや政府機構、思想統制のための諸制度・言語設計、反乱分子の監視や拷問のシステムなどが綿密に定められ、理想的なTheディストピア国家が演出されています。

 抑圧され困窮しているにも関わらずほとんど全ての国民が盲目的に政府を支持する中、「ビッグ・ブラザー」という存在(というより概念)や全体主義という思想・体制を相手どり、主人公が反体制として少しずつ行動していきます。革命として国家を打ち倒すようなサクセスストーリではなく、個人として国家と対峙したときの1つのリアルな結論が導き出されています。

 資本主義システムも昨今問題視されてきていますが、やっぱり政府を批判的に捉えて自らも行動/表現できることの自由は素晴らしいと痛感します。また、北朝鮮など独裁国家の実情はもしかしたら「一九八四年」のものに近いのかもしれませんし、政府の統制と自由のバランスは程度の差こそあれどこの国であっても直面している問題のように思います。

 無理やり国際協力の話と繋げてみると、途上国における司法制度や法整備、また選挙制度整備といったグッドガバナンスに関する協力や、NHKのような国営放送が中立・正確・公平な情報を提供できるための支援を行いメディアの信頼性や権力システムからの独立性を高めるといったアプローチが「ビッグ・ブラザー」打倒に効果的でしょう。ただ、そうこうしている間にもビッグ・ブラザーに見られているかもしれませんが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一九八四年新訳版 (ハヤカワepi文庫) [ ジョージ・オーエル ]
価格:928円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)

楽天で購入